M&Aクラウド、WARCとスタートアップへのアドバイザリー機能強化のため業務提携

by 株式会社M&Aクラウド on 2019.1.25

スタートアップ企業へのデューデリジェンス機能強化などを図る

M&A業界における、オンラインによるマッチングの仕組みを構築した「M&Aクラウド」(※1)の開発・
運営を行なっている 株式会社M&Aクラウド(本社:東京都品川区、代表取締役:及川厚博、URL:https://macloud.jp/)は、企業のコーポレート領域を中心にコンサルティングなどのオフライン支援事業を行なっている 株式会社WARC(本社:東京都目黒区、代表取締役:山本彰彦、URL:https://corp.warc.jp/)と、スタートアップ企業へのフィナンシャル・アドバイザリー機能強化などを図るため、1月24日に戦略的業務提携を締結いたしました。
【背景と目的】
今回の協業は、「M&Aプラットフォームにより、スタートアップのエグジットの選択肢を増やしたい」というM&Aクラウドのビジョンと、「スタートアップの成長を加速させるだけでなく、スタートアップ界隈でチャレンジする人を増やしたい」というWARCのビジョンとの融和を背景に実現いたしました。

【協業内容】
M&Aクラウド、およびWARCは、今回の業務提携により、スタートアップ企業へのデューデリジェンス機能強化などの事業展開を推進してまいります。
「ブラックボックスが多く、非効率で高いコストのかかるM&Aをテクノロジーの力で効率化し、スタートアップ企業のエグジットの選択肢を増やしていく」というM&Aクラウドのプラットフォームとしての強みと、「専門的なスキルや経験を持つ人材が集まったプロフェッショナル集団として、企業の成長ステージに合わせ、戦略の策定からハンズオンによる実行までを支援する」というWARCのもつ強みを活かし、主にスタートアップ企業に対する戦略的支援やデューデリジェンス支援、M&A支援などを通じ、スタートアップのエグジットに向けたサポートを充実させてまいります。

PR TIMESで本文を見る