AIを用いた無人機の販売会社、株式会社イーエムアイ・ラボ(EMI-LAB)を設立いたしました。

by EMI-LAB on 2019.2.16

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

AI搭載無人機の開発、販売を行う会社を長野県のコワーキングスペースに開設。

株式会社イーエムアイ・ラボ(〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見3785−3富士見 森のオフィス 代表取締役 西 教生 以下EMI-LAB)を2019年1月29日に設立いたしました。EMI-LABでは、人工知能を用いたドローンをはじめとする自律ロボットの開発、販売、教育を手がけてまいります。
EMI-LABでは、農業や、測量・土木・建設業等において活用するドローンや無人車両などの開発を行います。
現在、測量・土木分野ではICTが盛んになってきており、農業分野もスマート農業の推進などによりドローンの活用が益々盛んになってきています。
創設メンバーは北海道から沖縄までの飛行実績があり、災害地などの急峻な傾斜地や森林環境などの特殊な現場利用も数多く経験して参りました。その中で現場が何を求めているのか?何を必要としているのか?を言葉や肌で感じ取ってきました。そうした経験を機体の開発や研究、運用に活かしているため、お客様のニーズに答えられる無人ロボットの機体提供が可能です。
ドローン以外にも、無人車両による農薬散布機や除雪機、ボート型無人機による海洋・河川調査向けの機体の研究開発や機体の販売なども進めて参ります。
EMI-LABでは現代社会が抱えている様々な問題に対して、空・陸・水から無人ロボットを用い、そしてAIなどのテクノロジーを加えた自律ロボットの開発、販売を手掛けていくと同時に、今後、さらなるロボットの発展を踏まえ、ドローンをはじめとする無人ロボットの組み立てからプログラミングまでのエンジニアの養成講座なども同時に進めて参ります。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社イーエムアイ・ラボ 
メールアドレス:info@emi-lab.jp