XPANDコードとQRコードをビーコンとして活用!施設内特化型のナビゲーションサービスを開始!

by XPAND株式会社 on 2019.4.11

空間とネットをリンクする新しいバーコード「XPANDコード」。このXPANDコードとQRコードをビーコンとして用いた施設内ナビゲーション「XPAND IN」を提供開始しました。

XPAND株式会社(埼玉県東松山市、代表取締役社長 南木 徹)は、XPANDコードとQRコードをビーコンとして用いた施設内ナビゲーション「XPAND IN」(エクスパンド・イン)を提供開始しました!
従来、施設内のナビゲーションは、iBeacon等のBLEビーコンやWi-Fiを使って測位するケースが主流でした。
XPANDコードとQRコードによるビーコン(以下「XPAND/QRビーコン」)は、カメラで読み取って、位置補正を行うことにより、ローコストに屋内ナビゲーションを行うことができます。
さらに、本来の機能である、サイトへの転送等の情報取得トリガーとしても機能します。
今回提供開始したXPAND INでは、欧州で注目されている施設内特化型ナビ「Mapwize」(フランス)のシステムを採用し、読取りアプリに統合。ローコストで安定的な運用が可能になっています。
「XPANDコード」は、空間とネットをリンクする新しいバーコード。
XPANDコードは、既に全国41都道府県の飲食店等で使われているほか、公共交通や公共空間での活用も始まっています。
当社では、XPANDコードのより広い活用方法を提案していくため、既存の地図アプリでは対応が難しい施設内ナビに着目。施設内看板や標識からXPANDコード/QRコードを介した情報提供だけでなく、屋内測位にも使う方法を検討してきました。
その結果、実現したのが、XPANDコードとQRコードによるビーコン(以下「XPAND/QRビーコン」)とそれを用いた施設内ナビゲーションシステム「XPAND IN」(エクスパンド・イン)です。

施設内ナビ「XPAND IN」画面イメージ

PR TIMESで本文を見る