集団訴訟のリーガルITサービス「MatoMa」、情報商材5件のプロジェクトでチャージバック成功!!

by 株式会社MatoMa on 2019.5.16

こちらの内容は PR TIMES から配信されるプレスリリースとなります

クレジットカード決済した方々の一部についてチャージバック申請が認められ、被害者の方々の被害回復に成功いたしました。

「MatoMa」では、被害を受けたプロジェクトの購入代金をクレジットカードで決済した方々について、被害回復のため、カード会社に対しチャージバック申請(残債の取消しと返金の手続)を実施しております。

2019年3月より開始し、5月14日現在までに、情報商材のプロジェクト5件についてチャージバック申請がカード会社より認められました。

今後も複数のプロジェクトに展開し、被害者の方々の被害回復につとめていきます。

また、MatoMaでは、「チャージバックとは、どういったものなのか」というコラムを発信しております。

もしも騙されてしまったとき、知識があるのとないのとでは、雲泥の差です。
ぜひ、ご確認ください。

『チャージバックをしよう!クレジットカード不正利用時の対応方法!』
https://mato.ma/column/1682

「MatoMa」は、さまざまなジャンル(情報商材詐欺、投資詐欺、医療、労働問題など)の被害者がクラウド上でつながり、集団訴訟ができるリーガルITサービスです。

同社は、テクノロジーと法律の力によって、一人でも多くの被害者の方がまとまり、ご自身が受けた被害の補償を受けられることを目指して、邁進してまいります。

■株式会社MatoMa概要

代表者     :代表取締役社長 今井健仁
所在地    :東京都中央区銀座六丁目9番8号 銀座UKビル5階
設立     :2018年9月19日
URL     :https://mato.ma/

■代表取締役社長 今井健仁 プロフィール
東京大学法学部、東京大学法科大学院修了。弁護士。
大手渉外法律事務所入所後、知的財産・スタートアップ全般、ブランド・スポーツ・エンターテインメント、不動産分野を専門とする。