通年採用時代の新しい人材採用サービス ビデオリクルーティングが採用を高度化する『BRAVIEE(ブラビ-)』β版9月10日(火)サービス提供開始

SHARE:

 動画コミュニケーション事業と人材事業を手掛ける株式会社CACTAS(カクタス 本社:東京都港区、代表取締役:青木英佑、以下CACTAS)は、ビデオリクルーティングサービス『BRAVIEE (ブラビー) 』β版のサービス提供を2019年9月10日(火)より開始しました。
『BRAVIEE』は、企業の組織力向上に貢献できるよう「動画で組織を強くする」をキーワードに、企業を表現する動画の制作と動画採用ツールにより採用の高度化を目指します。
【BRAVIEEとは<https://www.braviee.com>】
 労働人口の減少と好景気により、日本は労働者売り手市場となっており、企業は人材の獲得難はもちろん、離職率増加や採用のミスマッチなど、採用/人事の課題を多く抱えています。その原因は、企業の魅力が社内外に十分に伝わっていないことによる入社前後のギャップや、従業員のエンゲージメント不足など、“選ばれる企業になる為のアプローチ不足”にあると考えられます。

 『BRAVIEE』はこのような社会課題の解決に向けて、企業の組織力向上を目指すパートナーとして、ストック型の採用/人事活動を支援する新しい動画採用サービスです。
採用/人事活動に効果的な動画コンテンツの企画、制作はもちろん、リファラルリクルーティング機能やウィジェット埋め込み機能、広告配信などによる動画の活用、コンテンツの管理/分析、コンテンツ接触者のタレントプール創出までをワンストップで行います。

 企業は『BRAVIEE』の動画メディア上にチャンネルを開設でき、ビジョン浸透、創業秘話、社員の活躍などのインタビューコンテンツや、社員総会、イベント、社内制度、オフィスの紹介などの記録コンテンツを年間を通じて複数制作し投稿していくことができます。制作した動画はBRAVIEEの配信メディア、リファラルリクルーティング機能、ウィジェット埋込機能などを通じて採用候補者へリーチするだけでなく、イベント、利用中の媒体、広告配信、社内報など様々な場面で二次利用することも可能です。さらにBRAVIEE独自のツールで、動画コンテンツの分析(PV数/流入経路など)やコンテンツ接触者のタレントプールの創出/活用も可能です。

PR TIMESで本文を見る