高校生の就活への不安「自分に合った会社が見つかるか」60%、「面接」59%、企業の誰に話が聞きたいか「年の近い先輩社員」68%

by 株式会社人と未来グループ on 2019.9.12

~【ジョブドラフト就活意識アンケート】高校生の就職活動は9月16日より面接開始~

株式会社ジンジブでは、7月26日に東京、31日に大阪にて、就職を考える高校生向けに開催した、合同企業説明会「ジョブドラフトFes」来場の高校生(参加者846人)に対して就職に関するアンケート調査(回答者数634名)を実施いたしました。
高校生の就職支援と採用支援を行う株式会社ジンジブ(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木 満秀)では、7月26日に東京、31日に大阪にて、就職を考える高校生向けにそれぞれ100社の企業を集めた合同企業説明会「ジョブドラフトFes」を開催し、会場に集まった高校生(参加者846人)に対して就職に関するアンケート調査(回答者数634名)を実施いたしました。

調査結果サマリー

就職を決めた理由の第1位は、「自立して稼げるようになりたい」46%。
就職活動に関しての不安は、「自分にあった会社が見つかるか」60%、「面接」59%。
合同企業説明会に参加して、就職活動に前向きになったと答えた人は57%。
高校生が企業見学で話を聞きたい人の第1位は「年の近い先輩社員」68%。

調査背景
高校新卒の採用市場は、過去6年で求人件数が約2倍の約44万件に急増している、注目が集まる採用マーケットです。高卒就職者は大卒就職者の半分、毎年約18万人が就職しており、内定率の高さ(2019年3月卒99.4%)では問題のないようですが、18歳人口の減少、新時代に対応した高等学校におけるキャリア教育等の教育改革、また就職後の1年目の早期離職が大卒と比較して高い(大卒の11.9%と比較し、18.2%)など課題は残されており、長年続く就職活動の慣習見直しの必要性が提言されています。
そこで、高校生の就職支援を行う当社では、4月の意識調査アンケートに引き続き、高校生の就職活動の実態を把握すべく、7月当社主催の合同企業説明会に参加した高校生に向けてアンケートを実施いたしました。
調査概要

PR TIMESで本文を見る