ハードウェアスタートアップによるピッチバトルイベント「ASIA Hardware Battle 2019」日本予選の優勝企業を決定

by 株式会社サムライインキュベート on 2019.9.12

~人の動きやバイタルデータが計測可能な“スマートアパレル”を展開するXenomaが決勝大会へ~

 創業期のスタートアップから出資・インキュベーションを行う株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎、以下「当社」)は、中国を拠点とするTechNode(動点科技)がアジア全域で展開するハードウェアスタートアップのピッチバトル「ASIA Hardware Battle(略称:AHB、亜洲智能硬件大賽)」2019年大会の日本予選を、2019年9月11日(水)に開催しました。
 審査を通過した登壇スタートアップ11社の中から、日本予選優勝であり決勝大会への出場となる「WINNER」を株式会社Xenoma(本社:東京都大田区、代表取締役CEO:網盛 一郎、以下「Xenoma」)に、特に革新性に優れた企業に贈られる「INNOVATIVE賞」をAC Biode株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役CEO:久保 直嗣、以下「AC Biode」)に、観客投票によって選ばれる「AUDIENCE賞」を株式会社SE4(東京都台東区、代表取締役CEO:ウィルソン ロクラン、以下「SE4」)に決定しました。

PR TIMESで本文を見る