GPU EATERを開発する米Pegara, Inc.、シードラウンドで104万米国ドルを調達。累積調達額は約153万ドルへ

SHARE:

– 組織を強化し、人工知能の多様なニーズへスピーディに対応 –

2019年9月12日 – 米国発人工知能スタートアップのPegara, Inc.(本社:米国デラウェア州、創業者兼CEO:市原 俊亮)は 、GPU EATERの機能拡張ならびに同クラウド基盤を活用した人工知能APIサービスの開発を目的に、総計104万米ドル超に及ぶシードラウンドの資金調達を実施しました。投資家からの累計調達額は約153万米ドルとなります。

今回のラウンドは、国内外へ豊富な人脈を持つ元スカイプジャパン代表の岩田氏が立ち上げたプログラマー起業家支援に特化した投資ファンド MIRAISE、GPUによる演算力シェアリングプラットフォームを展開する株式会社A.L.I. Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野 大輔)、株式会社メルカリの創業初期メンバーの 1 人である胡 華 氏らを含む著名個人投資家数名が参加しました。

PR TIMESで本文を見る