書き込み禁止のPDFに書き込めるアクセラノート、編集機能を大幅にバージョンアップ

SHARE:

初の大型バージョンアップでペイントソフトからオフィスソフトへ変身

株式会社TransRecog(本社:東京都港区/代表取締役CEO:小林 敬明)は、真のペーパレス化社会を実現するWindows用PDF書き込みソフト アクセラノート(AxelaNote)の大型バージョンアップ版(Ver1.50Build1500)を9月17日にリリースいたしました。
■バージョンアップの内容
ペイントソフトのように絵として書き込む方式から、線・図・画像・文字を全てオブジェクトとして扱うオフィスソフト方式になりました。設備や電気図面への書き込み、品質文書や契約書など書き換えが問題となる文書、Wordの校閲機能ではコメントできない図版へのコメントなどで書き込みと修正の繰り返しがより簡単になりました。
<主なバージョンアップ内容>
・全ての書き込みがオブジェクト化されました。選択・移動・サイズ変更・削除ができます。
・画像を張り付けられるようになりました。
・30日間限定で全機能無料で利用できる「トライアルフル機能モード」を常備しました。
図面への書き込みに(※GIFアニメ)

PR TIMESで本文を見る