マルチ決済プラットフォーム「elepay」開発のELESTYLE キャッシュレス多様化による消費者・事業者の課題を解決するモバイルアプリSaaS*1 「OneQR」を9月17日(火)より提供開始

SHARE:

さらに、導入にあたり開発費用、初期費用、専用機材が一切不要

マルチ決済プラットフォーム「elepay」の開発を手がけるELESTYLE株式会社(読み:エレスタイル、所在地:東京都千代田区、代表取締役:盧迪、以下 当社)は、自社開発のマルチ決済プラットフォーム「elepay(読み:エレペイ)」上で稼働するオールインワンソリューション「OneQR(読み:ワンキューアール)」の提供を開始しました。
「OneQR」は、1つのQRコードをトリガーにした、汎用のモバイルアプリSaaSです。開発も初期費用も専用機材も必要とせず、決済を伴う無人サービスに複数のモバイル決済を容易に提供できます。

「OneQR」の導入によって、決済を伴うサービスを一つのQRコードに集約できるため、消費者の混乱も解消できます。また、事業者にとっては決済事業者毎に決済データを管理していたところを、管理画面から一括管理できるようになり、決済方法の多様化に伴う、業務の煩雑化という課題を解決することができます。さらに、店舗、商品、ユーザー、キャンペーンなどのデータを一元管理でき、これらのデータを販売促進に活用することができます。
そして、「OneQR」は様々なシーンで利用可能です。テーブルオーダーなどのオプション機能によってセルフ対応の実店舗などにも導入可能です。

費用はQRコード1個につき月額500円と低料金でのご提供となります。
新規ビジネスはもちろん、既存のサービスへの実験的また本格的な導入など、目的に合わせてご利用いただけます。

*1: SaaS「Software as a Service(サービスとしてのソフトウェア)」クラウドで提供されるソフトウェアのことで、ベンダー(プロバイダ)側でソフトウェアを稼働させ、ユーザーはネットワーク経由でソフトウェアの機能性を活用します。

PR TIMESで本文を見る