長野県茅野市での総合防災訓練の実施に協力。 リアルタイム配信システムと連携したドローンおよびスマートフォンを活用して、大地震発生後の被災現場の状況把握における有用性を確認しました。

SHARE:

 一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(所在地:東京都千代田区、理事長:稲田 悠樹、以下 EDAC[イーダック])は、2019年9月1日(日)に長野県茅野市にて開催された『令和元年度茅野市総合防災訓練』への実施協力を行いました。
<リアルタイム映像配信システム「Hec-Eye(ヘックアイ)」の閲覧画面 青枠で囲ったエリア内を重点的に撮影するように指示を出した>

PR TIMESで本文を見る