製造現場へのAI導入を推進するスカイディスク、不良品予測AIと理由のわかるAIを1画面で同時表示

SHARE:

自動車部品の不良発生とその判断理由のリアルタイム確認を可能にしたダッシュボードを、スマート工場EXPOで初披露

製造業に特化しAIサービスを提供する株式会社スカイディスク(本社:福岡県福岡市、代表取締役CEO:橋本 司 以下「スカイディスク」)は、トーテックアメニティ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:坂井 幸治、以下「トーテックアメニティ」)と共同で、射出成形機から製造される自動車部品の不良品の発生をAIで予測し、その判断根拠も確認できるダッシュボード『MotionBoard for SkyAI(モーションボード フォー スカイエーアイ)』」を開発しました。2019年9月18日(水)~20日(金)にポートメッセ名古屋で開催される「スマート工場EXPO」にて初披露します。
図:ダッシュボード イメージ図

PR TIMESで本文を見る