IoTボタンの次は「IoTテンキー」! クラウドに「数字」を簡単記録、「数字」で様々な連携を実現する「TENKit (テンキット)」が新登場。本日(9/18)より販売開始!

SHARE:

テンキーに入力した「数字」を、簡単にGoogleスプレッドシートに記録したり、Google Apps Script、IFTTT 、AWS Lambdaなどの様々なクラウドサービスと連携できます。

IoTボタンの次はIoTテンキー! ITベンチャー企業の「てとてとて合同会社」は、「テンキー」を簡単に「IoT化」し、クラウド連携を実現できる「TENKit( テンキット )」を開発し、本日(9月18日)より販売を開始しました。「TENKit」では、テンキーに入力した「数字」を、すぐに、直接、簡単に、Googleスプレッドシートに記録したり、Google Apps Script、IFTTT 、AWS Lambdaと連携できます。これら多様なクラウドサービスとの連携により、家庭での個人利用のみならず、オフィスや工場での利用、業務システムなどへの組み込みも行えます。また、その用途も無限大。クリック情報しか送信できないIoTボタンと異なり、「数字」を連携の起点情報として送信できるため、社員のタイムカード、テレビやエアコンの操作、LINEやメール送信など多様な連携が実現できます。さらに今話題のGoogle Homeを活用する機能も用意。どのように利用するかはアイデア次第です。是非、便利な使い方を発見してください。
ITベンチャー企業の「てとてとて合同会社」(本社:京都市、代表社員:下坂久司)は、「テンキー」を簡単に「IoT化」し、クラウド連携を実現できる「 TENKit( テンキット https://tenkit.jp/ )」を開発し、本日(9月18日)より販売を開始しました。

PR TIMESで本文を見る