”お金のプロ”とチャットで無料相談 「お金の健康診断」を手がける株式会社400F 日本資産運用基盤と業務提携契約締結

SHARE:

IFA向けのプラットフォーム事業の強化を図る

株式会社お金のデザイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 仁、以下「お金のデザイン」)は、ファイナンシャル・プランナー(FP)や金融商品仲介業者(IFA)と、お金についての悩みを抱える個人のマッチングサービス「お金の健康診断」を提供する、事業子会社株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ)が、株式会社日本資産運用基盤グループ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大原 啓一)の子会社であるJAMPフィナンシャル・ソリューションズ株式会社(以下、「日本資産運用基盤」)と業務提携契約を締結したことをお知らせします。
今年の6月、金融庁金融審議会の市場ワーキング・グループの報告書が世間を賑わせ「年金が2000万円不足」するという部分がセンセーショナルに報道されましたが、報告書では「特に強く求められるのは顧客の最善の利益を追求する立場に立って、顧客のライフステージに応じ、マネープランの策定などの総合的なアドバイスを提供できるアドバイザーである」とされ「アドバイザーの充実」による環境整備が必要であると提言されています。それを担う主体として金融商品仲介業者(IFA)※などについて言及されており、貯蓄から資産形成を実現するに当たって、独立的な存在であるIFAの必要性は高まってきています。

現在、「お金の健康診断」では30社以上の企業と提携をし、お金のプロとお金の悩みを抱えるユーザーのマッチングを行っています。今回、金融事業支援プラットフォームを運営する日本資産運用基盤との業務提携を通じて、マーケティングツールや顧客管理システム、その他IFA向け各種事業支援サービスの提供を行ってまいります。

※金融商品仲介業者(IFA):独立系ファイナンシャル・アドバイザー
金融機関から独立して、中立的な立場で金融に関するアドバイスを行う業者のこと

■ 株式会社日本資産運用基盤グループについて

PR TIMESで本文を見る