IDEAが気象データセットを提供開始。数値予測AIにて予測するための因子として、データ加工不要で活用できるように。

SHARE:

店舗の売上や来店者数などの予測精度の向上のために必要な気象データを扱いやすい形で提供

気軽にAIを活用できるプラットフォーム「IDEA」を開発・提供するIntelligence Design株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中澤拓二)は、IDEAを通じて、気象庁が公開する全国で観測している気象データセットを提供。気象データを数値予測AI が予測するための因子として、そのまま活用できるサービスを 2019年10月より提供を開始致します。
誰もが気軽にAIを活用できるプラットフォーム「IDEA」を開発・提供するIntelligence Designは、IDEAを通じて、気象庁が公開する全国で観測している気象データセットを提供し、数値予測AI が予測するための因子として、そのまま活用できるサービスを 2019年10月より提供を開始致します。
「IDEA」紹介URL:https://idea.i-d.ai/

AI利用時において、店舗の売上、販売数、来店者数などを予測するには、気温・湿度・日照時間などの気象データが必要不可欠な因子となっています。今回提供を開始するサービスでは、過去から現在の気象観測データや予報データを、IDEA 上から直接取得することを可能とします。

PR TIMESで本文を見る