「ひふみ投信」運用のレオス・キャピタルワークスとAIでニュース分析を行うゼノデータ・ラボが投資指数開発の共同研究を開始

SHARE:

~業界初、産業ごとに投資家の市場心理を指数化~

 主に日本の成長企業に投資する「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤野 英人、以下「レオス・キャピタルワークス」)と、経済ニュースや決算情報をAIで解析し、企業の業績への影響を予測するSaaSサービス「xenoBrain」(ゼノブレイン)を開発する株式会社xenodata lab.(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:関洋二郎、以下「ゼノデータ・ラボ」)は、この度、投資家の市場心理を表す「センチメント指数」の共同研究を開始いたしました。本共同研究によって、産業ごとの特性を踏まえた高精度なセンチメント指数を開発・評価し、将来的に投資運用業界における幅広い活用を目指します。

PR TIMESで本文を見る