キッチハイクと広島県、東京にて地域の食材を楽しめる「食体験×関係人口」イベントを開催

SHARE:

ワイン、ジビエ等の地域食材を通じて、広島県北部5市町の食材と暮らしの魅力を感じる体験を提供

食べるのが好き!で集まるグルメアプリ「キッチハイク」を運営する株式会社キッチハイク(東京都台東区: 共同代表 山本雅也 藤崎祥見)は、9月28日 (土)、広島県庁とコラボレーションした「食体験×関係人口」イベントを開催いたします。
キッチハイクのミッションである「食でつながる暮らしをつくる」を実現する食体験イベントを通じ、地域のファン=関係人口を創出して、地域活性につなげる取り組みとなります。
広島県は、地域によって異なる表情を見せる風土を活かし、豊かで多様な食文化が自慢です。広島県とキッチハイクがコラボし、北部5市町の食の魅力はもちろん、猪・鹿・アナグマ・合鴨など珍しいジビエ料理に触れることができるチャンスを提供いたします

PR TIMESで本文を見る