世界中でデジタル署名を使える「長期署名」をパブリックブロックチェーン上で実現

SHARE:

デジタル署名の利便性を向上することで、ハンコ文化との共存やデジタル化を促進

合同会社Keychain(所在:東京都港区南青山、共同創設者:ジョナサン ホープ、三島 一祥)は、日本のはんこ文化をデジタル化していくときに重要なデジタル署名について、利便性の向上に取り組んできました。Keychainは、デジタル署名を更新しても過去の署名の本人性有効性を証明できる「長期署名」を、ビットコインなどのパブリックブロックチェーン上で実現しました。これにより世界中で相互互換性のあるデジタル署名を普及させ、日本および世界のデジタライゼーションに貢献します。

PR TIMESで本文を見る