ファンコミュニティアプリ fanicon が海外対応を開始! 日本のタレントの海外ファンマネタイズをサポート

by THECOO株式会社 on 2019.10.9

THECOO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:平良真人、以下THECOO)が運営する会員制ファンコミュニティアプリ「fanicon(ファニコン)」が、海外対応を開始したことをお知らせします。
faniconは、タレントやインフルエンサー(以下アイコン)の活動を、コアなファンと一緒に盛り上げていく会員制のファンコミュニティアプリです。現在、アーティスト・俳優・タレント・インフルエンサーなどを中心に1,000以上のファンコミュニティが運営されています。

<今回、提供可能になった海外対応の内容>

1. OSの言語に合わせた言語の出し分け

faniconは PC/スマホ の言語を検知し自動的に言語を出し分けます。アイコンには標準設定が適用されるため、特別な設定は不要となります。ファンは自分が設定している言語でサービスの提供を受けられます。

2. 標準決済システムの国外対応

クレジットカード、iTunes Store、Google Play の支払いは世界110を超える国と通貨に対応し、その月の為替を参照します。そのため、世界中のファンに対してサービス提供が可能になり、特定国で人気の高いアイドルやタレントのファンのマネタイズを強力にサポートします。

3.ファンのやり取りをリアルタイム翻訳

投稿やコンテンツをリアルタイムに翻訳します。言葉が違うファン同士がチャットで盛り上がったり、アイコンがファンの誕生日をお祝いしたりなど、言語の壁を飛び越えてのコミュニケーションを提供します。

<導入事例>
日米ハーフの4人組ボーイズグループ「INTERSECTION」は、日本での活動を主にしながら海外にたくさんのファンを持っています。言語対応によりfanicon内のシーン投稿やグルチャにて言語の違う海外ファンが積極的にコミュニケーションしています。

PR TIMESで本文を見る