ハフポスト日本版の記事が「LINEジャーナリズム賞」を受賞。

SHARE:

2019年のLINE NEWS掲載記事(約220万本)のトップに輝きました。

ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役:西村陽一)が運営するメディア「ハフポスト日本版」の記事「東京の街で「ヒジャブ」の彼女がクリエーターとして生きる理由」(ニュースエディター・吉田遥執筆、2019年9月14日配信)が、12月16日、「LINEジャーナリズム賞」を受賞いたしました。

▶︎ハフポスト日本版 https://www.huffingtonpost.jp/
▶︎ハフポスト日本版LINEダイジェスト購読 https://line.me/R/ti/p/%40oa-huffpost
「LINEジャーナリズム賞」は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)が運営するスマートフォンニュースサービス「LINE NEWS」が、独自の基準で受賞者を選出・表彰するNEWSの祭典「LINE NEWS Presents NEWS AWARDS」の一部門として新たに設けられた賞で、新しい切り口や見せ方でユーザーの心を動かした記事が表彰されます。

全国の新聞・雑誌・テレビ局・ネットメディアなどの提携媒体社などが配信し、2019年にLINE NEWSに掲載された記事(約220万本)の中から、厳正な審査の結果、トップとして選出されました。選定基準は、記事閲覧数・ユーザーのアクションなどをベースに、"新しい角度で物事を取り上げた" "新しい見せ方で伝えた" "読んだ人の心を深く動かした"といった観点に基づくとされています。

「LINEジャーナリズム賞」を受賞した記事は、ヒジャブを身に着け、モデストファッションを東京の街で表現するインドネシア人クリエーター、アウファさんの考え方・生き方を描いた記事です。
(記事URL:https://www.huffingtonpost.jp/entry/rahmalia-aufa-yazid_jp_5d71053be4b09bbc9efa8264
ハフポスト日本版の記事「東京の街で「ヒジャブ」の彼女がクリエーターとして生きる理由」

PR TIMESで本文を見る