仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」のリクシス、介護中ビジネスパーソンの両立実態分析レポートを発表

SHARE:

~8割が「知識・情報」があれば負担は下がったと回答~

株式会社リクシス(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木裕子、以下リクシス)は、2020年1月21日、現在、介護をしながら従業員規模500人以上の企業に勤めるビジネスパーソン160人に、仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT(エルキャット、Lyxis Care Assistant Tools)」を受けてもらい、ビジネスパーソンの仕事と介護の両立実態を分析したレポートを発表しました。
 回答者の属性は男性が86%、女性が14%、平均年齢は52歳。介護対象者は実母50%、実父31%、平均年齢84歳で、実の親の介護が中心ではありますが、祖母を介護対象にあげた割合も8%あり、比較的若い世代にとっても、仕事と介護の両立問題は無縁ではない状況です。

PR TIMESで本文を見る