Planetway代表、平尾がダボス会議2020にビデオインタビューにて参加

SHARE:

Planetway Corporation(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、代表: 平尾 憲映 、以下Planetway)の代表取締役CEOである平尾憲映は、この度、1月21日から行われる世界経済フォーラム年次総会2020(以下:ダボス会議2020)にて、「Human-Centric Data Sovereignty (個人データ主権)」というインタビュー動画を発表しました。
Planetway Corporation(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、代表: 平尾 憲映 、以下Planetway)の代表取締役CEOである平尾憲映は、この度、1月21日から行われる世界経済フォーラム年次総会2020(以下:ダボス会議2020)にて、「Human-Centric Data Sovereignty (個人データ主権)」というインタビュー動画を発表しました。

この動画の中で、Planetwayは「個人データ主権型の社会、つまり人間中心のデータ主権を構築するべく、小国エストニアの斬新な技術を取り入れて日本、カリフォルニアでスタートしたプラネットウェイの掲げるビジョンが並外れたものである」として紹介。
弊社CEOである平尾氏からは、「Planetwayの構想する世界規模の個人主権によるデータ管理が正しく構築されるため、弊社が提供する2製品(PlanetCross、PlanetID)により安全で優れたインフラを迅速に再構築することが必要である」と語られた。

実際のDAVOS2020インタビュービデオ掲載サイトは以下のとおり。
https://davosinterviews.com/planetway-accelerating-data-sovereignty/

PR TIMESで本文を見る