LPWA事業者のセンスウェイ、NTTPCと協業し、閉域型LoRaWANサービスを提供開始

SHARE:

~ センスウェイの「SenseWay Mission Connect」にNTTPCの閉域網を組み込むことで、サービスとして利用できる閉域型LoRaWANを実現 ~

IoT通信プラットフォームサービスを提供するセンスウェイ株式会社(以下:センスウェイ)と株式会社NTTPCコミュニケーションズ(以下:NTTPC)は、閉域型LoRaWAN※1の事業化に向けた開発・販売面での協業に合意し、センスウェイは2020年2月4日から閉域型LoRaWANサービスの提供を開始します。

センスウェイが提供するLoraWANサービス「SenseWay Mission Connect」にNTTPCのMaster’sONE IP-VPN閉域網を活用することで、IoTで機密性の高いデータを取り扱う自治体、製造業、建設業などセキュリティを重視するお客さま向けに、セキュアな閉域網で接続できるLoRaWANサービスを実現します。

※1 LoRaWAN(TM):LPWA(省電力長距離通信)の一種で、「LoRa Alliance」が定めた「無線ネットワーク規格」の名称。IoT向けの通信規格で、世界的に広く利用されている。

PR TIMESで本文を見る