ククピー、飲食店向けクラウドキッチン導入サービス「cookpyクラウドキッチン」および三井住友海上と提携した「クラウドキッチン保険」の提供を開始

SHARE:

外食から中食への動きが加速する中、多くの飲食店がより安心してクラウドキッチンやデリバリーサービスを導入できる環境の整備へ。

ゴーストレストラン出店希望者(ブランド)とクラウドキッチン を導入したい飲食店(店舗)をつなげるマーケットプレイス『cookpy(ククピー)』を運営する株式会社cookpy(本社:東京都港区、代表取締役CEO:安井 一男)は、飲食店向けクラウドキッチン導入サービス「cookpyクラウドキッチン」の提供開始と合わせて、三井住友海上火災保険株式会社(所在地:東京都千代田区、取締役社長:原 典之)と提携し、「cookpyクラウドキッチン」を利用する飲食店とユーザーを対象とした「クラウドキッチン保険」の制度をスタートします。
本制度は、飲食店等が、今まで収入にならなかった遊休キッチンスペースに、ククピーが厳選したレストランメニューとフードデリバリーサービスを導入するだけですぐに副収入を得ることができる「cookpyクラウドキッチン」サービスを導入する際に生じる不安を減らすための第一歩として準備を進めてきました。
今後も、cookpyを通して”個の食をアップデートすることで多くのチャレンジを生み出し、cookでhaapyをふやして”いきます。

PR TIMESで本文を見る