LayerXが研究するシャーディングの最新論文が査読付き国際ワークショップ 4th Workshop on Trusted Smart Contractsに採択

SHARE:

 ブロックチェーン・テクノロジー関連事業を展開する株式会社LayerX(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:福島良典 以下 当社)は、研究開発チームの論文『Load Balancing for Sharded Blockchains』が、2020年2月14日にマレーシアで行われた国際会議 4th Workshop on Trusted Smart Contracts (Financial Cryptography and Data Security 2020 併催)に採択され、同会議にて発表を行いましたのでお知らせします。

■論文概要
 ブロックチェーンのスケーラビリティ問題の解決策として、ブロックチェーンを分割して複数のチェーンにより構成する手法「シャーディング」が、アカデミア・産業界共に注目されており、Ethereumコミュニティでは導入に向け研究開発が進められています。今回の論文『Load Balancing for Sharded Blockchains』では、シャーディングによるスケーラビリティ改善の幅をさらに広げるべく、プロトコルによりアカウントの配置を自動で調整する、「ロードバランシング」のプロトコルを提案、実験により評価を行いました。

■論文発表の経緯
 弊社研究開発チームではブロックチェーンのセキュリティ・スケーラビリティの技術的課題解決に取り組んでおり、今回の研究は岡南・中村が中心となって実施いたしました。論文は査読付きワークショップ 4th Workshop on Trusted Smart Contracts (Financial Cryptography and Data Security 2020 併催)に採択され、同会議にて中村が発表いたしました。

■Workshop on Trusted Smart Contractsについて
 Workshop on Trusted Smart Contractsは、スマートコントラクトに関する技術的な課題・解決策や将来像を議論するための学際的ワークショップであり、例年ブロックチェーン関連ではもっとも論文数が多く、質の高い国際学会の一つであるFinancial Cryptography and Data Securityと併催されています。今年度は2020年2月14日にマレーシアのコタキナバルにて開催されました。

■LayerX リードリサーチャー紹介

PR TIMESで本文を見る