日本最大のご近所SNS「マチマチ」、新型コロナウイルス対策支援を開始~地域住民同士の助け合いをサポート~

SHARE:

株式会社マチマチ(東京都渋谷区、代表取締役:六人部生馬 以下、当社)の運営するご近所SNS「マチマチ」は、新型コロナウイルスの影響により外出を制限される方や生活物資の不足にお困りの方と地域住民とのオンラインでの交流を促進し、地域住民同士の助け合いをサポートしています。
現在政府や自治体から、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、外出自粛や休校、イベント等の自粛の要請などが発表され、人とのコミュニケーションを制限せざるを得ない状況が続いています。生活に必要な物資を手に入れられない、社会からの孤立を感じる、体調を崩したときに頼れる人がいない、などの不安を感じる方が増加しています。

マチマチは日本の68%以上の地域で利用されている日本最大の地域限定型のソーシャル・ネットワークサービスです。いつでもどこでもスマートフォンで地域の情報を確認したり、近隣の住民の方と気軽にコミュニケーションを取ることができます。

当社で全国1,896地域に開設した「災害情報共有コミュニティ」では、生活必需品の入手や休校中の子どもとの過ごし方についての困りごとを投稿することで、近所で同様の悩みを抱える方の知恵や工夫を教えてもらうことができます。また、子どもの世話やおむつの譲渡など自分のできることを投稿すると、それを必要とする住民とつながることができます。

PR TIMESで本文を見る