ロスタイム削減で早期満室へ!RPA導入でリーシング業務を年間180時間効率化

SHARE:

 資産運用プラットフォーム事業を展開する大和財託株式会社(本社:大阪市北区角田町 代表取締役CEO:藤原正明、以下「当社」)は令和2年3月より、退去者が発生した部屋のリーシング(入居者募集)業務においてRPAを導入し、一部業務の作業時間が0分となりました。

<ポイント>
・退去が発生した部屋の、入居者募集条件確認とオーナー様へのメール報告を自動化
・作業時間が30分/1件から0分に!30件/月×30分で、年間180時間を効率化
・ロスタイムを減らして早期入居付けを実現

 当社は東京・大阪を拠点に資産運用プラットフォーム事業を展開しています。多様な資産運用のニーズに対して従来の新築1棟物件・中古1棟リノベーション物件に加え、不動産と金融にデジタルテクノロジーを融合したクラウドファンディングなど、多様なソリューションツールを活用して顧客の資産運用をサポートしています。

 当社サービスの特長に、顧客が1棟アパート・マンションを取得後、ワンストップで提供する賃貸管理サポートがあります。その賃貸管理サポートにおいて、この度、退去発生時のリーシング業務の一部を自動化しました。

 具体的には、これまで入居者から退去申請書類を受理すると、まずは運用部門の担当者が基幹システムに情報を登録し、その情報をリーシング部門の担当者が確認して物件オーナーに退去発生と次の入居者募集開始をメールで報告していました。今回RPAを導入したのはリーシング部門の担当者が行っている部分です。

PR TIMESで本文を見る