デリバリープラットフォーム「NEW PORT」を運営するスカイファーム社が横浜中華街とサービス連携を開始します。

SHARE:

~「お家で中華街」「オフィスで中華街」を合言葉に、フードデリバリーシステムを活用し、中華街で過ごす美味しい時間をお届けします~

デリバリープラットフォーム「NEW PORT」の運営会社であるスカイファーム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:木村拓也)は、横浜中華街の発展のために活動する横浜中華街発展会協同組合(以下、「中華街発展会」)と連携し、4月30日より横浜市と協働で行っているフードデリバリーの推進等を通した地域飲食店等の活性化に関する取組「うまいぞ!横浜。」の枠組みを活用したデリバリー・テイクアウトを開始します。
新型コロナウイルスの感染拡大による飲食店への甚大な被害状況を受けて開始した「うまいぞ!横浜。」では、外出しなくても地元横浜の飲食店の味を食卓で楽しむことで、生活インフラとしての飲食店・商店街等の支援を行い、市民生活の利便性向上に向けたフードデリバリーを広め、地域活性化を支援しています。一方、中華街発展会では、新型コロナウイルスの感染拡大と共に、街を守りつなげていくための活動「#がんばれ中華街」を行っており、「うまいぞ!横浜。」と「#がんばれ中華街」が親和するかたちで今回のサービス連携を開始します。

今回の中華街発展会との連携は、「うまいぞ!横浜。」を開始以来、初めての街単位での連携であり、第一弾として中華街の15店舗が順次サービスを開始します。地域に根差したデリバリー体制として、中華街の複数店舗をまたがって注文できる「はしごデリバリー」を導入し、「おうちで中華」「オフィスで中華」を気軽に楽しんでいただける仕組みとなっております。

PR TIMESで本文を見る