大崎電気とスペイシーが、民泊事業者に向け「時間貸しワークスペース転用プロジェクト」を開始

SHARE:

訪日外国人9割減を受け「空き部屋の時間貸し」で新たな活用を提案

大崎電気工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:渡辺 光康、以下「大崎電気」)と国内最大の会議室のシェアリング事業「スペイシー」を展開する株式会社スペイシー(本社:東京都千代田区、代表取締役 内田圭祐、以下「スペイシー」)は、連携し、民泊事業者向けに「時貸しワークスペース転用プロジェクト」を開始します。

PR TIMESで本文を見る