【特別枠公募】第2期AIフロンティアプログラム[After/With COVID-19AI活用特別枠]  育成対象者を募集開始します

SHARE:

AI分野における突出した人材の育成を目指すプロジェクト メンターによるサポートと1人最大300万円(3人チーム900万円)相当の研究開発資源を提供 募集締切:2020年6月11日(木) 17:00必着

一般社団法人未踏 (所在地:東京都渋谷区、代表理事:竹内 郁雄、以下「未踏社団」と表記) は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) による委託事業の一環として、KDDI株式会社とともに、AI技術を駆使してイノベーションを創出することのできる突出した人材を育成する第2期AIフロンティアプログラム に加えて、COVID-19の流行に伴う社会変化の重要性・緊急性に鑑み、AIの活用によって「COVID-19収束後の社会変化によって発生する課題」を解決する人材を育成するために特別枠として追加募集を行います。
https://www.mitou.org/projects/ai_frontier/index_2nd_covid19.html
一般社団法人未踏 (所在地:東京都渋谷区、代表理事:竹内 郁雄、以下「未踏社団」と表記) は、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO) による委託事業の一環として、KDDI株式会社とともに、AI技術を駆使してイノベーションを創出することのできる突出した人材を育成する第2期AIフロンティアプログラムに加えて、COVID-19の流行に伴う社会変化の重要性・緊急性に鑑み、AIの活用によって「COVID-19収束後の社会変化によって発生する課題」を解決する人材を育成するために特別枠として追加募集を行います。
対象となるのは、2020年4月1日時点で18~40歳で、医療、教育、飲食など、COVID-19の流行によって大きな課題が発生した職業に従事しており、その課題についての深い知見を有したプロフェッショナル人材 (例えば医師、教員、介護士などの専門職、飲食、物流、建設、交通といった非デジタル産業の従事者など) を想定しております。締切は6月11日(木)17:00必着、応募方法は定められた資料をE-mailに添付して提出していただきます。また、採択された育成対象者には、AIやその関連分野における第一人者であるメンターによる研究開発内容や事業化に向けたアドバイスやサポートの実施、1人最大300万円(3人チームなら最大900万円)相当の研究開発資源の提供、未踏社団の特任研究員としての身分の付与等を行います。

【要件 (抜粋)】
・個人またはチームとしての応募であること
・2020年4月1日時点で18~40歳であること
・提案テーマと重複する内容で、公的機関等からの助成等を受けたことがないこと
・育成対象期間を通じて、原則として日本国内に在住しており、日本のIT関連産業の発展に寄与する意欲があること
・課題が発生している非デジタル産業において、すでに一定のプロフェッショナルキャリアを有しており、そのキャリアを証明可能であること。もしくはそのようなキャリアを有する者をチームリーダーとする3人以内のチームで、チームに1人以上エンジニアがいること。

【募集テーマ】
優れた能力を有する人材を発掘し、既存の延長線上にない発想や新規のアルゴリズム考案、AI技術 (ハード・ソフト) を活用した新しいアプリケーションを創出できるような人材の育成を目指し、AIの展開先・活用先が「COVID-19による社会変化によって発生する課題」の解決に寄与するテーマを募集いたします。
例えば、以下のような「非デジタル産業×AI」に関する研究開発テーマを想定しておりますが、対象とする産業や解決すべき課題はこれらに限りません。
・「医療×AI」AIによる読影などを用いた遠隔診断によって、病院の稼働を低減できるもの
・「教育×AI」新学期の開始が遅れた教育現場において、AIを用いた進捗管理などの教育手法を用いて、学業の遅延をカバーできるもの
・「建設×AI」自動化技術、ロボット制御などを用いて、建設現場などで人の手のかかる作業を3密など感染の危険性を避けながら実現可能なもの

【なぜ非デジタル産業のプロフェッショナルを支援するのか?】
AIを作るためには「課題解決に結びつく学習用データ」と、それを社会実装し、AIをチューニングするための「フィールド・オペレーション」が重要となります。そのため、各産業分野における課題を知っているプロフェッショナルのみなさんが、「自らデータを収集」し、できあがったAIを「自分のフィールドで運用」することができれば、After/With COVID-19の時代に役立つAIを作ることができると考えます。
本特別枠では、みなさんがAIを活用するために必要な「AIに関する技術力」を、メンターが教育・バックアップすることで、産業×AIのスペシャリストを育成します。

PR TIMESで本文を見る