障がいのある人が創るアートのオンライン販売開始「ACM Gallery」と現代アートグローバルプラットフォームを運営する「TRiCERA(トライセラ)」販売提携のお知らせ

SHARE:

障がいのある人が創るアートを福祉からアートの市場へ

障がいのある人が創るアートを専門に取り扱うACM galleryを運営する一般社団法人Arts and Creative Mind(所在地:東京都渋谷区、代表理事:杉本志乃)は、2020年5月22日株式会社TRiCERA(トライセラ)と販売提携し、同社が運営する「TRiCERA.NET」にてオリジナルアート作品のオンライン販売を開始することをお知らせします。
https://www.tricera.net/
障がいのある人が創るアートを福祉からアートの市場へ

障がいのある人が創るアートを専門に扱う一般社団法人Arts and Creative Mind(以下ACM Gallery)は、
現代アートのグローバルプラットフォーム株式会社TRiCERA(トライセラ)と販売提携
世界市場に向け「TRiCERA.NET」で作品情報発信・オンライン販売開始

ACM Galleryは、全国の福祉施設などで生み出されるユニークでエネルギッシュなアートを厳選し、企画展や海外アートフェアを通じて紹介しています。これまでギャラリーでしか購入できなかったオリジナルアート作品が、日本語を含む多言語でTRiCERAが提供する「TRiCERA.NET」にアクセスすることで、作品のクリアな画像を見ながら詳しい情報を閲覧しオンラインで簡便に購入できるようになりました。これにより、アートに関心はあっても、ギャラリー訪問にハードルを感じる新しい顧客層にアプローチすることが可能となります。

TRiCERAが運営する現代アートグローバルプラットフォーム「TRiCERA.NET」は、現在1,000名を超えるアーティストが参加し、総出品数6,000点を超え総取扱高は約12億円となるプラットフォームです。3年以内に参加アーティスト数10万人、アクティブユーザー数100万人/月を目指しています。両社が提携することで、障がいのある人のアート作品が世界中のユーザーと繋がり、作品の認知度を飛躍的に上げると同時に販売につなげていくことを共同で目指して参ります。

2019 GYRE展覧会

PR TIMESで本文を見る