日本に蔓延する約23万枚の偽造を見抜く「One-Check Tab」を開発・提供する「ワンチェック」株式投資型クラウドファンディングを開始

SHARE:

~「偽造」という犯罪に立ち向かう!~

年間約30万枚の偽造在留カードの発行による不法就労と、それに伴う犯罪を解決するため、在日外国人が持つ在留カードが偽造品かどうかを簡単にチェックできる機器「One-Check Tab」を開発・提供するワンチェック株式会社(東京都中央区 代表取締役:山田 貴裕)は株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2020年5月31日(日)より募集による投資申込みの受付を開始することをお知らせします。
  2020年5月27日

報道関係各位                                 
ワンチェック株式会社

PR TIMESで本文を見る