離れた人同士がVR空間上で動きを共有できる「VRリアルタイム“動作”配信サービス」のβ版を発表。スポーツの指導などに活用予定。

SHARE:

CanGolfを提供するイマクリエイト株式会社(本社:東京都港区、代表者:山本彰洋、川崎仁史、以下イマクリエイト)はVRを用いた”動作”配信サービスのβ版を開発いたしました。今後は2020年秋頃の製品版リリースへ向けテストを重ねていく予定です。
VRリアルタイム配信とは
距離が離れた人同士がVR空間上で動きを共有できるシステムです。
使用者がヘッドマウントディスプレイとセンサーを体につけ、離れた場所にいる人へリアルタイムで自分の動きを転送することができます。
この技術を用い、様々なスポーツや伝統芸能などにおける”人の動作”を熟練者から初学者へ感覚的に共有することができます。

これらの精度を今後さらに高めていき、あらゆるジャンルへの活用を目指していきます。

PR TIMESで本文を見る