6月1日、BONX for BUSINESSがテレワーク向けの新機能を追加し大幅アップデート

SHARE:

BONXが提供するBONX for BUSINESSアプリのUIがテレワーク(リモートワーク)向けにUIが大幅アップデート。6月1日に全てのユーザーに向けて正式リリースをいたします。

株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役 宮坂貴大)は、法人向け音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」のUIを本日、6月1日に刷新いたします。プロフェッショナルプランをご契約頂くと、最大同時通話人数が50名になり、トークルームを複数選択してルームを跨いで会話する「複数ルーム会話機能」、テキストや画像のやりとりができる「チャット/画像共有機能」、話した会話を自動で文字起こしする「文字起こし機能」、複数のトークルームに一斉に通知を送れる「全体通知機能」などをご利用できるようになります。また、トークルームに参加しているメンバーを選択して個別に会話ができる「個別トーク機能」も順次追加予定です。加えて、このアップデートに際して2020年7月よりBONX for BUSINESSのプロフェッショナルプランの料金を変更いたします。
※iOSのみ利用可能、Androidは今秋頃の対応を予定しています(50名の同時通話はAndroidでも利用可能です)。

PR TIMESで本文を見る