BONXが提供する「BONX for BUSINESS」機能を拡充し、料金を改定

SHARE:

2020年7月1日より、機能拡充に伴いBONXが提供するBONX for BUSINESSアプリの料金を改定いたします。

株式会社BONX(東京都世田谷区、代表取締役 宮坂貴大)は、法人向け音声コミュニケーションシステム「BONX for BUSINESS」の機能拡充に伴い、2020年7月1日より料金を改定いたします。新しいUIと機能を拡充したBONX for BUSINESSでは、プロフェッショナルプランをご契約頂くと、トークルームを複数選択してルームを跨いで会話する「複数ルーム会話機能」、テキストや画像のやりとりができる「チャット/画像共有機能」、話した会話を自動で文字起こしする「文字起こし機能」、複数のトークルームに一斉に通知を送れる「全体通知機能」などをご利用できるようになります。また、トークルームに参加しているメンバーを選択して個別に会話ができる「個別トーク機能」も順次追加予定です。
※iOSのみ利用可能、Androidは今秋頃の対応を予定しています(50名の同時通話、文字起こし機能はAndroidでも利用可能です)。

BONX for BUSINESSの料金を2020年7月より改定

■料金の改定の理由及び背景
BONX for BUSINESSプロフェッショナルプランでご利用いただける「複数ルーム機能」「チャット/画像共有機能」「文字起こし」「全体通知」「個別トーク機能(順次追加予定)」などの新機能追加に伴う価格改定です。スタンダートプランにつきましては、価格の変更はありません。

■料金を改定する商品/サービスについて
・BONX for BUSINESSプロフェッショナルプラン
1アカウント 税抜2,000円/月 (改定前 1,750円/月)

■料金改定後のプラン内容
BONX for BUSINESS プロフェッショナルプランをご契約頂くと、今までの録音機能に加え、新UIにマッチした「複数ルーム機能」「チャット/画像共有機能」「文字起こし」「全体通知」「個別トーク機能(順次追加予定)」など、業務の効率化を加速させる機能をご利用頂くことができます。
また、これまで30名だった最大同時通話人数を50名に増やしました。
※iOSのみ利用可能、Androidは今秋頃の対応を予定しています(50名の同時通話、文字起こし機能はAndroidでも利用可能です)。

BONX for BUSINESSスタンダードプランは、従来どおりの税抜875円/月でサービスをご利用いただけます。

6月1日、全てのユーザーを対象に新しいUIを正式リリース
6月1日に行ったテレワーク向け新機能追加の大幅なアップデートではプランに関係なくBONX for BUSINESSをiOSでご利用されている全てのユーザーの方のトークルームのUIが変更されます。ルーム履歴の表示やトークルームへの入退室方法、ルームへの招待などがアップデートされ、テレワークでの使い勝手が向上しました。
※アプリのUIが変わるのはiOSのみ、Androidは今秋対応予定。

PR TIMESで本文を見る