京急電鉄とサムライインキュベートが取り組むオープンイノベーションプログラム『KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM』第3期の参加企業10社を決定

SHARE:

~“withコロナ”“afterコロナ”時代の新しいモビリティとライフスタイルを生み出すイノベーションへ~

 京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市高島、取締役社長 原田 一之、以下 京急電鉄)と株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役 榊原 健太郎、以下 サムライインキュベート)は、スタートアップとのオープンイノベーションにより新規事業の創出を目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第3期の参加企業を決定いたしました。また、新型コロナウイルスによる社会情勢の変化に伴い、プログラム内容を一部変更しておりますので併せてお知らせいたします。

PR TIMESで本文を見る