日本最大級の『太陽電池データベース』をリリース、21社600種以上を掲載! |記事掲載数No.1のエネルギー業界向けメディア『EnergyShift(エナジーシフト)』

SHARE:

国内・海外メーカーの太陽電池モジュールを様々な条件で簡単に検索・比較できる機能を実装。利用無料。

株式会社afterFIT(代表取締役:谷本貫造、住所:東京都港区)は、当社が運営するエネルギー業界向けメディア『EnergyShift(エナジーシフト)』において、日本最大級となる21社600種類以上の太陽電池モジュールが検索・比較できるコンテンツ『太陽電池データベース』を正式リリースしました。
太陽電池データベース URL:https://energy-shift.com/product/pv-module
※利用無料
 今回リリースするコンテンツは、現時点で日本最大(*1)の"太陽電池モジュール"掲載数を実現した点が最大の特徴となっています。さらに、太陽光発電システムの設計・購買・営業に関わる方々の悩みであり、これまで難しかったメーカー横断での製品検索・比較を「条件検索機能」の実装により可能にしています。
 また、各製品の詳細ページに、メーカーWebサイトURLを掲載しているため、Google検索などの検索エンジンを経由することなく、メーカーWebサイトへのアクセスおよびデータシートのダウンロードが可能です。
 (*1)当社調べ

【リリースの背景】
 近年、太陽光発電のFIT(固定価格買取制度)価格の低下に伴い、より収益性の高い太陽電池モジュールが求められています。さらに、世界的に脱炭素化の取り組みが行われる中で、これまでのFITに頼らない自家消費型の案件開発などが活発化しており、CO2フリーの電力を生み出す太陽光発電へのニーズはますます高まっています。(富士経済によると、2030年度の自家消費型太陽光発電システム市場は、2018年度比で4.7倍の7694億円に拡大)。こうした状況を受け、メーカー各社は高性能で設置柔軟性の高い太陽電池モジュールの開発に力を入れており、現在では様々な特徴を持った製品が流通しています。
 一方で、太陽光発電システムの設計・購買・営業の現場では、様々な特徴を持った製品から要件を満たした最適な製品を調査・選定する必要があり、その作業に時間を要する場合がありました。
 このたびリリースする『太陽電池データベース』は、こうした状況に応えるものです。

【コンテンツの特徴】

掲載メーカー:東芝、Panasonic、JinkoSolar、CanadianSolarなど国内外の主要な21社 ※随時追加予定
掲載製品:掲載メーカーWebサイトに掲示されている太陽電池モジュール600種類以上 ※随時追加予定
条件検索 機能:メーカー、両面/片面、最大出力、開放電圧など11項目の条件を絞り込んで検索可能
並び替え 機能:変換効率、最大出力、更新日 順に並び替え可能
一覧表示:各製品の品番、最大出力、変換効率、開放電圧、製品保証など主要な12項目を掲載。
詳細情報:各製品の製品仕様、電気特性(STC)、温度特性、品質保証、データシートURL、メーカーWebサイトURLなど29項目の詳細情報を掲載。

太陽電池データベース URL:https://energy-shift.com/product/pv-module

『太陽電池データベース』画面

PR TIMESで本文を見る