『LotusTV』を運営するVIVID DIGITALはMCIPホールディングスやエンジェル投資家等から、総額約6千万円の「プレシリーズA」の資金調達を完了しました。

SHARE:

~ LotusTVは動画越境ECプラットフォームへ。事業拡大に向けたグローバルでノンバーバルなコンテンツの調達、人材採用やサービス機能拡充でさらなる成長を目指す ~

 海外向けインターネットテレビ事業で、『LotusTV』を運営するVIVID DIGITAL LIMITED(本社:香港 、CEO:森田 敏行 、以下「VIVID」)と、クールジャパン機構を中心に民間8社が参画している、株式会社MCIPホールディングス(本社:東京、 代表取締役社長:清水 英明、以下「MCIP」)は2019年6月にVIVIDがMCIPを引受先とした第3者割当増資を含む資本業務提携に続き、エンジェル投資家等から総額約4.2百万香港ドル(約6千万円)の「プレシリーズA」の資金調達を、2020年4月に完了し、動画越境ECプラットフォームとして、事業拡大に向けたグローバルでノンバーバルなコンテンツの調達、人材採用やサービス機能拡充で更なる成長を目指します。
LotusTVメンバー

PR TIMESで本文を見る