保育園IoT「ハピクロ」および北九州生活科学センター、HACCPに準拠した飲食店デリバリー向け衛生管理ソリューションの実証実験を開始

SHARE:

~IoT技術の活用で、飲食店・消費者ともに安心のデリバリー事業環境を創出し、飲食店の競争力アップへの貢献を目指す~

保育園運営およびIT/IoT導入支援事業を行う株式会社ハピクロ(福岡県北九州市、代表取締役社長:吉田 英啓、以下 ハピクロ)、保健衛生に関する調査研究を行う公益財団法人北九州生活科学センター(福岡県北九州市、理事長:池田 光政、以下 KLSC)は、飲食店のデリバリーサービス向け衛生管理ソリューションサービスを共同開発し、地元デリバリー提供事業者での実証実験を開始しました。
今回の実証実験では、本サービスの事業化を目指しソリューションの効果を検証します。

【事業の背景】

PR TIMESで本文を見る