外観検査AI「Gemini eye」がJetsonシリーズに対応。無線通信で複数ラインのリアルタイム監視が可能に。

SHARE:

Jetson nanoを始めとしたコンパクトで安価なJetsonシリーズでAI外観検査が可能になります。

製造業向けAIシステム開発を手掛ける、株式会社Pros Cons(所在地:東京都渋谷区道玄坂2丁目15番1号 ノア道玄坂915、代表取締役:安部 正一郎)は、外観検査AI「Gemini eye」をNVIDIA社製AIコンピュータボード、Jetsonシリーズに対応させました。「Gemini eye for Jetson」として2020年7月1日(水)より提供を開始します。

■1日で設定完了。即日導入できる外観検査AI「Gemini eye」
https://proscons.co.jp/geminieye/
全てのJetsonシリーズに対応。ご希望の端末で外観検査を行えます。

PR TIMESで本文を見る