共創アクセラレータープログラム『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』の協業検討企業に選定

SHARE:

東芝の協力のもと、ビッグデータのリアルタイム分析で新たな価値創出を目指します

データサイエンスで企業の課題を解決する株式会社DATAFLUCT(本社所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:久米村 隼人)は、eiicon company(本社:東京都港区南青山)が運営するオープンイノベーションプラットフォームAUBA(アウバ、以下「AUBA」)と株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長CEO 車谷 暢昭、以下「東芝」)による共創アクセラレータープログラム『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』において、テーマ「GridDB〔※1〕:ビッグデータのリアルタイム分析で新たな価値創出を目指す」の協業検討企業に選定されました。

今後、大量・高頻度のビッグデータ収集とリアルタイム分析を得意とする東芝のデータベースを活用したビジネスソリューションの創出を目指し、2020年9月25日(金)に開催される成果発表会へ向けて実証実験等を重ね、事業化に向けた検討フェーズへ進むべく活動してまいります。

※1 東芝デジタルソリューションズ株式会社が開発した、ビッグデータであるIoTデータ(センサー、ログ、履歴、株価など)に最適なスケールアウト型のデータベース。

PR TIMESで本文を見る