RPAホールディングスグループ 定期的な与信管理を自動化する『RoboRobo与信チェック』を販売開始

SHARE:

~累計導入社数3,000社を超える『アラームボックス』とOEM締結~

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)のリーディングカンパニーであるRPAホールディングスグループのオープンアソシエイツ株式会社(東京都港区 代表取締役執行役員社長 高橋知道)は、インターネット情報を活用した与信管理サービス「RoboRobo与信チェック」を7月15日よりエンドユーザー向けに販売を開始しました。

本サービスは、RoboRoboプラットフォームから取引先を登録するだけで、取引先の風評情報、信用情報を自動で収集、お知らせするサービスです。
調査会社への依頼や手間のかかるインターネット検索を通して取引先調査を行う必要がなく、取引先を一度登録するだけで、既存取引先を継続的にモニタリング、アラートを受け取ることが可能となります。

また、取引先の犯罪・不祥事への関与などコンプライアンスチェック業務を自動化する「RoboRoboコンプライアンスチェック」との併用が可能となり、中堅・中小企業においても企業を守る上で必要なコンプライアンス対策を効率的に実現できます。

PR TIMESで本文を見る