他部署への関心度を見える化する「部署間連携 分析機能」をUniposが提供 ~感謝や称賛のコミュニケーションデータからサイロ化の予兆をリアルタイムに把握~

SHARE:

Uniposに日々蓄積される感謝・称賛の投稿や拍手のデータから、部署を越えたつながりを見える化する分析機能を8月6日より提供
「『はたらく』と『人』を大切にできる世界に」をビジョンに掲げ、従業員一人ひとりの貢献を見える化し組織課題を解決する「Unipos」を運営するUnipos株式会社(親会社:Fringe81株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:斉藤知明/以下、Unipos社)は、Uniposに日々蓄積される感謝・称賛の投稿や拍手のデータから、部署を越えたつながりを見える化する分析機能を8月6日より提供します(※1)。これにより、部署を越えて行き交うUniposの投稿や拍手という従業員のコミュニケーションデータから、部署間連携の兆しとなる他部署への関心度をリアルタイムに把握し、テレワーク組織で深刻化が懸念されるサイロ化の予防など変化に強い組織づくりをデータドリブンで強力にサポートします。
(※1)提供開始日については、変更になる可能性がございます

PR TIMESで本文を見る