クラウド上で開催される「ふるさとマラソン」に全国の自治体、地域団体が続々と主催を表明/10月1日より順次開催

SHARE:

あなたの健康活動が地域を救う「ふるさとマラソン」/新たな関係人口の拡大を

株式会社CUVEYES(東京都中央区)はコロナ禍において健康回帰を図る消費者と、活性化を目指す地域産業をクラウドのマラソン大会でマッチングするサービス「ふるさとマラソン」を2020年10月1日よりウォーキングアプリ「SPOBY(スポビー)」にて、サービス開始いたします。8月末のプレス発表直後から各自治体および関連団体様の参加表明を多数いただき、現在も多くのお問い合わせをいただいておりますことを報告いたします。

◆主催を表明された自治体および関連団体様は以下の通り(9/17時点)
・愛知県日進市
・宇都宮餃子会
・鹿児島県特産品協会
・神奈川県横須賀市
・滋賀県栗東市
・広島県安芸高田市
・山形県観光物産協会

PR TIMESで本文を見る