グローシップ・パートナーズがオンライン本人認証proost(プルースト)の導入に合意

SHARE:

~ 投資型クラウドファンディングでの本人確認機能を提供 ~

グローシップ・パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松井 晴彦、以下 グローシップ・パートナーズ)は、自社開発の投資型クラウドファンディングシステム「CrowdShip Funding」に、株式会社ACSiON(本社:東京都千代田区、代表取締役:安田 貴紀、以下 アクシオン)が提供するオンライン本人認証「proost(プルースト)」を導入することに合意しました。
昨今、事業者にとって益々厳格な本人確認が求められてきており、「犯罪収益移転防止法」の改正(2018年11月)に伴い、オンラインでの本人確認(eKYC)を導入する企業も増えてきております。

グローシップ・パートナーズでは、金融商品取引業や貸金業、改正不動産特定共同事業法に準拠する投資型クラウドファンディングシステム「CrowdShip Funding」を取り扱っており、本人確認業務は、銀行と同レベルの精度が必要なことから、本導入に至りました。

本人同意に基づき、取得した情報(氏名、住所、生年月日、免許証、本人撮影顔画像等)をproost(プルースト)に蓄積し、本人確認を伴う取引の際は、本人確認済情報と照合して、なりすまし防止のほか、諸手続きの簡略化、本人確認コストの低減など、本導入により、安全性とともに利便性が向上します。

[サービス提供イメージ]

PR TIMESで本文を見る