グラファー、被災者がスマホで公的支援をリストアップできる「被災者支援ナビ」を広島市で提供開始

SHARE:

行政サービスのデジタル変革を手掛ける株式会社グラファー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石井大地、以下「グラファー」)は、広島市「平成30年7月豪雨災害版 被災者支援ナビ」の提供を10月1日から開始しました。大規模災害が発生した際に被災者がスマートフォンで必要な支援策を確認できる「被災者支援ナビ」は「Graffer 手続きガイド」で構築されています。被災者は、スマートフォンで質問に回答していくだけで被災状況に応じて、受けられる支援をリストアップすることができます。

PR TIMESで本文を見る