住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ”いえーる ダンドリ”の新機能「スピード事前審査サービス」をリリースしARUHIが提供する『家探し前クイック事前審査』と連携を開始

SHARE:

テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:窪田光洋、以下「iYell」)は、住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ”いえーる ダンドリ”に新機能「スピード事前審査サービス」をリリースしました。
そして国内最大手※1の住宅ローン専門金融機関であるアルヒ株式会社(東京都港区、代表取締役会長兼社長CEO兼COO:浜田 宏、以下「ARUHI」)と提携を行い、同社が提供する『家探し前クイック事前審査』と連携を開始しました。
《 業務提携の背景 》
ARUHIは、住宅ローンのお申し込みのプロセスにRPAやOCRを導入するなどさまざまなテクノロジーを積極的に取り入れることで、お客さまや不動産業事業者の負担減、審査スピードの向上や業務効率化を推進しています。
『家探し前クイック事前審査』は、ARUHIの子会社であるアルヒマーケティング株式会社が運営する「ARUHI 家の検索」内で展開する、物件を決定する前に運転免許証の写真アップロードと8項目の入力のみで「ARUHI フラット35」の借入可能額を把握できる事前審査です。※2※3※4

iYellは、住宅ローン手続き専用スマートフォンアプリ”いえーる ダンドリ”を提供しております。住宅ローン手続きの一括管理機能を拡充させており、住宅事業者・ユーザーとの「三者間チャット機能」や住宅購入までのタスクを見える化する「タスク・スケジュール管理機能」があります。
住宅ローン手続きの第一段階である事前審査を、スマートフォンで手軽に申し込むことができる環境を構築し、”いえーる ダンドリ”の利便性をより高めるため「スピード事前審査サービス」を開発しました。

今回、両社が提携し、「スピード事前審査サービス」と『家探し前クイック事前審査』が連携することで、あらかじめ借入可能額を把握したうえで効率的な家探しが可能となり、お客さまや住宅事業者の負担を減らすことができると考え、サービスを開始に至りました。

PR TIMESで本文を見る