高性能で堅牢性に優れた産業用LTEゲートウェイ「Edge Gateway amnimo Gシリーズ AG10」販売開始のご案内

SHARE:

アムニモ株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:谷口功一、以下アムニモ)は、様々な産業用のシステムにおいてエッジコンピューティングを実現するために最適な機器「Edge Gateway amnimo Gシリーズ AG10」の販売を10月21日から開始します。

産業におけるIoTの普及が進むにつれて、利用者の業務プロセスの改善に成功した例が増えてきていますが、同時に「厳しい外部環境下で障害を抑制したい」、「仮に障害が発生した場合でも現場に駆けつけることなくリモートから対処したい」という運用上の課題が見えてきています。また監視カメラなどの用途では、映像のような大容量のデータをエッジで高度に処理したいという需要も現れてきました。
このような中で、エッジコンピューティングの考え方が大変注目されています。

アムニモが開発した「Edge Gateway amnimo Gシリーズ AG10」は、Dual-CoreのARM CPUに2GBのRAMを搭載し、さらに大容量のSSDを搭載することができる、LTE通信対応のGateway装置です。OSはUbuntuをベースに開発されたものであり、外部のUbuntu環境で開発されたアプリケーションをアムニモが提供するSDKを用いて容易に移植することが可能です。

機器とのインターフェースとしては、Ethernetポートを5ポート実装し、そのうち4ポートでは802.3atに準拠したPoE*にて機器に対して電力を供給することが可能です。その他にもシリアル(RS232)ポート、USB2.0、I/Oポートなどを実装し、さまざまな産業用の機器と接続することが可能です。
*PoE(Power over Ethernet)

PR TIMESで本文を見る