VAAKと東京建物、映像解析AIによる施設管理のDX実証実験を開始

SHARE:

ビルのお客様の安全・安心・快適に資する業務向上を目的に、東京建物日本橋ビルにて実施

株式会社VAAK(本社:東京都千代田区、代表取締役 田中 遼、以下「当社」)は、東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均、以下「東京建物」)とともに、東京建物が所有するオフィスビルの共用部にて、映像解析AI「VAAKEYE 施設管理」を用いた施設管理のDX(デジタルトランスフォーメーション)実証実験を、2020年12月1日より開始いたします。
■「VAAKEYE 施設管理」について
「VAAKEYE 施設管理」は、施設内に設置している防犯カメラからの映像を解析することで、人物行動や異常を検知し、スマートフォンやPCに通知を行う映像解析AIソリューションです。来訪者の行動、業務行動、災害・設備異常、不審・迷惑行動など様々な対象を検知し、施設内の状況を可視化することで、ビルや施設内におけるお客様の安全・安心、管理サービスの高質化・付加価値向上に貢献する、DXの支援ツールです。

■施設管理のDXとは
カメラ映像の解析による施設空間データ(=施設の状況を時間・場所ごとにテキストで表現したデータやその状況を構成する要素(人物や物体)の状態・行動についてのデータ)を活用して、施設管理業務の可視化・効率化・価値向上を図ることを意味しています。

PR TIMESで本文を見る