ビジョナリーホールディングスと楽天ペイメント、共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において提携

SHARE:

– 今夏より、「メガネスーパー」「メガネハウス」など約330店舗で「楽天ポイントカード」が利用可能に –

 株式会社ビジョナリーホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星崎 尚彦、以下 ビジョナリーホールディングス)と楽天ペイメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中村 晃一、以下 楽天ペイメント)は、楽天グループの共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」において提携しました。
 本提携により、今夏より、国内の「メガネスーパー」「メガネハウス」「シミズメガネ」「メガネのタカハシ」「メガネのオオツカ」「EYESTYLE」約330店舗において「楽天ポイントカード」が利用可能となります。利用者は、対象店舗でのお会計の際に、「楽天ポイントカード」もしくは「楽天ポイントカードアプリ」を提示すると、買い物金額に応じて「楽天ポイント」を貯めることができ、支払い時には貯まったポイントを利用することもできるようになります。貯めたポイントは、「楽天市場」や「楽天トラベル」などの楽天グループの各種サービスで利用できるほか、「楽天ポイントカード」に加盟している街のコンビニエンスストアやドラッグストア、ガソリンスタンド、飲食店などでも利用できます。

 ビジョナリーホールディングスは、運営する「メガネスーパー」など全店舗に、2018年7月から、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を導入しています。このたび、「楽天ポイントカード」を導入することでデータマーケティングや販促施策をより強化します。ビジョナリーホールディングスは、楽天会員数1億以上の強固な顧客基盤を持つ楽天グループとの連携をさらに深め、利用者のサービスの向上を目指します。

 ビジョナリーホールディングスと楽天ペイメントは、今後も利用者の一層の利便性および満足度の向上に努めてまいります。

PR TIMESで本文を見る